ベルリナーレ2012

ベルリンに住んでいるくせに、基本引きこもりなので色々なイベントに疎いワタクシ。
今年のベルリナーレもうっかりこってり忘れて居りました。

たまたま主人の働くお店で以前バイトしていた男の子が、自身の出演する映画に招待してくれたので、昨日は張り切ってポツダマープラッツまで行ってきましたよ!
久々にスカート履いて!!!

今回ご招待して頂いたのはL'AGE ATOMIQUEというフランス映画です。

d0169449_835109.jpg
d0169449_8352025.jpg

一体どんな映画なのか、果たして我々理解出来るのか?
少しばかり不安になりながら映画を観させて頂いたんですが。。。。
なんとなんと!
招待してくれた男の子、ドミニク君ったらメインキャストじゃないか!!!
すごーい、すごーい!!!(ちなみに上の写真、左側の七三分けの男の子。)

どうやら彼、日本でも活躍するモデル兼俳優さんらしいです。
そんな華やかな世界の彼も、こっちの生活では一生懸命にアルバイトに勤しむ好青年らしい。なんだろね、バイトは役作りの一環なのかしら。

そんなドミニク君のモデル活動について書かれているサイトも発見。
映画が始まる前に実物のドミニク君に会う事が出来たけど、実際の彼は爽やかで幼い感じでした。26歳位らしいのだけど、もっと若く見える。
でもスクリーンで演じている彼はエロくて雰囲気全然違うのねー。役者さんなんだわー。

映画の内容は典型的なフランス映画って感じで、大きなストーリーもなく、少年二人のある日のナイトライフの模様。お酒、セックス、ドラッグ、ゲイ、虚無感、ガラスのハートって感じ。脆くて危うい少年の美しさを愛でる映画でしょうか。
色々面白い突っ込みどころ満載だったけど、全体的には美しい映画でした。
ただやはりこういった映画は好き嫌いが分かれるもので、映画の途中で退場したお客さんも結構居たなぁ。
[PR]
by sssalllasss | 2012-02-15 08:45 | LIFE